流氷行Ⅶ2020年03月02日 08時19分33秒

宿泊の民宿は料理も温かく食事の量が丁度良い。
予約時に評判も良いが値段が安すぎないかと不安に。
泊まってみれば評価通りでとても宜しい。
最終日は苫小牧まで、予定も立てずに出発する。
足寄駅で先を考えるもそのまま高速移動とした。
到着が早すぎるので安平の道の駅に寄ってみる。
行ってみればD51はこの時期は見学出来ないと言う。
ガラス中に大事に仕舞ってあるを眺め苫小牧へ。
昼飯は何時もの回転寿司で済ませて。
船内食の買い物に、朝昼用に食料を調達。
会社員時代に苫小牧に借り住まいし家族を呼んだ。
その時にウトナイ湖の温泉に行った事を思いだし。
湖畔に向かうも道の駅以外にソウイウ建物も無し?
確か日帰り温泉のような施設だったのだが解らない。
何処へ行くかと走り出しフト気づけば乗船30分前。
急いでフェリー埠頭へ向かへば既に長蛇の列。
トラック主体の夜行に比べ夕方便は乗用車も多い。
帰りは車の方が早く積み込みを完了。
電話が有り徒歩乗船はゲートも開いていないらしい。
待合室が寒くて文句ブウブウ、入船口まで迎えに行く。
夕方便は設備も良くて中々豪華なんだ。
部屋も昨今報道されるクルーズ船並の設備?
デッキ付きにしたのでまさにニュースで見る雰囲気?
新造直ぐに乗った時は食事も良かったのだが。
今回は数段落ちている、やはりコウなるのかなぁ?
折角の陸側豪華船室も日の出には三陸海岸も過ぎて。
綺麗な風景は夜中のウチに通過していた。
美味い具合に夜行便とのすれ違いも見えて。
無事に大洗に入港、そのまま自宅まで吹っ飛んで帰る


流氷行Ⅵ2020年02月28日 08時10分28秒

本日の物語号乗車は11時過ぎなので撮影へ。
止別駅通過を大砲で写すが楽だろうと出掛ける。
途中で連絡が有り北浜人が浜小清水で待っている。
予定を変更しレンズも標準に代えてしまった。
駅で会い土産などを購入、何処で写すか話すも。
なんと止別へ、レンズを大砲に戻すを忘れる。
ホームへ出てコンデジ動画をスタンバイ。
見れば北浜人は長いのを付けているじゃ無いか?
やられたなぁ、今から替えに戻ると汽車が来ちゃう。
標準で撮影、通過時に皆でホームで手振りをする。
撤収時に本州に行っていると聞いた小清水人現る。
歓迎会に来なかったので土産無しと告げて別れる。
斜里へ移動し改札に並び流氷物語号に乗車する。
車内は意外に空いて全員着席状態。
流暢なガイドも遠景が聞かず腕の見せ所だねぇ。
網走で折り返し、往復で今回の流氷ツアーを終える。
スタッフ皆さんに挨拶し阿寒を目指す。
天候悪化で山道が怖い、入る方向を誤ったかなぁ。
コレなら美幌・相生経由の方が楽だったかも。
阿寒湖温泉は今回唯一の二食付き温泉民宿。
広くて良い部屋を用意だが新品のストーブが臭い。
余りの灯油臭に狭いが臭わない部屋に代えて貰う。
本日イベント有りと聞き、夕食後に夜の町に出る。
日本の昔の観光地、そんな雰囲気の土産物屋街を歩く。
凍結した湖の上の会場、手作り感が中々良い。
冬の花火を楽しんで会場を後にする。
名前に奢らず地元が頑張っているなぁと関心する。
阿寒湖ほどの知名度でも地元の努力は必要なんだよ。
石油ストーブで熱い小部屋でユックリと寝れた?



流氷行Ⅴ2020年02月27日 08時25分24秒

ホテルの大浴場は温泉、ユックリ浸りぐっすりと寝た。
ココは宿泊料高め朝無し、朝食は持込を部屋で済ませ。
ユックリの出発、海岸に出て降りられる場所を探す。
海沿いの公園まで行けば道が有り、浜までは降りず。
流氷を眺めながら移動、そのままウトロへ向かう。
ドン突きの岩尾別、行き止まりまで行ってUターン。
道の駅へ戻り昼食、道路向かいの店に入る。
ランチのグラタンセットを食べ斜里へ戻るも。
まだ時間が早い、斜里岳が綺麗に見える場所を探すと。
標津への国道に出た、それじゃぁ行くかと走り出す。
先ほどまでは時間が余ってユックリだったが。
イキナリ真面目に走り雪の峠を越える。
ココまで来たのだと勢い野付半島を目指す。
会社員時代に子供達を連れて来た思い出も有り。
ココを夫婦二人で再訪するとは思わなかったなぁ。
目の前に見える国後島も近く、何度来ても何も無い。
時間を見ればまだ行ける、鮭の博物館に寄る。
ココも人には勧めておいて自分は初めての訪問。
鮭の遡上が見られる工夫と聞くが時期が悪い
苫小牧で満タンに1200km超走れると表示だったが。
遊びすぎ、驚いた事に燃料が無くなって給油する?
再び凍った山道を飛ばして斜里を目指す。
途中で気が付き、有名になった鉄道遺跡で小休止。
暗くなって斜里へ戻りホテルに帰る。



流氷行Ⅳ2020年02月26日 08時37分47秒

本日は斜里人のボランティアガイドはお休み。
奥方同行なので鉄は封印、早朝から紋別に向かう。
15分ほど走った所でMail、網走駅で待っている?
昨晩の宴会で本日の紋別行きは決定していたのに。
誘っていない北浜人も行く気になっているらしい。
既に網走を出ている、普通なら置いて行くのだが。
僕らは優しい人達ばかり、なんと網走まで迎えに戻る。
う~素直に連れて行ってくださいと言えないかなぁ!
駅まで戻り北浜人の車を置き、代わりに運転して貰う。
予定より遅れと、助手席でぶつぶつ後席でぶつぶつ。
農道を曲がり北浜人は常呂を俯瞰する道を経由し。
旧常呂駅へ、海が開けていてコレくらいが綺麗だ。
そのまま北上し、コレまた何時もの道の駅で買い物。
干した貝紐が一袋千円、欠かさずコレを購入する。
昼飯を何処で食べるかと話しながら走っていると。
SNSに美味そうなホタテ定食の写真がUPされている。
場所を聞けば中湧別、フト見る信号機に中湧別と表示。
店はそのまま直進、到着と同時に暖簾が掛かった。
ココまで馬鹿に上手くいったが、ホタテは漁が無し。
このシーズンは牡蠣の御膳との事で。
来年からは新造船に変わるというので乗り納め。
前回よりは氷も薄いが港の出口に流氷が詰まる。
アルキメデススクリューがガリガリと氷を割る。
この船は面白いが新造船はどのようになるのか。
紋別は思いの他に遠く、帰りが遅くなった。
用事も無いのに網走駅にも寄らないとイケナイし?
晩飯をどうしようと悩み走れば止別駅前!
丁度良いと駅に寄り駅馬車のラーメンとした。




流氷行Ⅲ2020年02月25日 08時11分53秒

予定の帯広泊なら、釧路着が11時頃。
上手く騙して丁度良く湿原号撮影だったのに。
昼までは待てないと早めの出発で鶴居に向かう。
奥方は流氷が気になって鶴などどうでも良い?
早く行かぬと流氷が逃ると騒ぎ、鶴には時間も遅く。
初めて来たが撮影者の方が遙かに多いのに飽きれ?
ココで時間調整すれば汽車が来ると考えたが。
こりゃぁ無理だと先へ進む。
湿原号の釧路発車時間には流氷押し寄せる北浜に到着。
浜に降りて奥方念願の流氷に乗ったり触ったり。
奥方的には満足がいったようだ?
天気が悪く雲が出て来て知床も斜里岳も消えていく。
昼飯を停車場で食べていると天候が悪化、景色は霞み。
見る見るホワイトOUT、これでは夕日も出ない。
時間つぶしと北方民族博物館へ行く。
ユックリと見学し早めにホテルに入る。
網走まで来ているのだから気動車でも写せば良いが。
そのままホテルでマッタリとしていると。
流氷物語の到着、斜里人も到着し協議するも。
サンセットクルーズ絶望でキャンセルとした。
歓迎大宴会までゴロゴロしてタクシーで繁華街へ。
渡道後にやっと北海道らしい食べ物で宴会となる。
紋別のガリンコ号が今期最後と聞き。
斜里人が乗った事が無いらしい、明日は紋別と決す。
釧網線の最終に間に合うように網走駅解散。




流氷行Ⅱ2020年02月21日 08時31分26秒

朝食後にユックリと出発する。
本日はホボ移動のみ、時間調整と235を走る。
幌別で曲がるを忘れ、襟裳までは行かず黄金道路へ。
途中で訃報が入り一時間ほど各方面に連絡する。
コンナ場所まで来ているので動けないので友に頼む!
旧広尾駅も解体されてバス停に変わっていた。
電話連絡が頻繁に入り何となく腹も空かず広尾通過。
336経由で途中に飯屋など無く36へ出る。
ココまで来たので白糠まで我慢しラーメンとする。
予定通りの釧路着、明るいウチにと幣舞橋まで歩く。
豪華晩飯かと思いきや、遅昼のため腹も減らず。
奥方は噂の東横インのカレーを食べたがる?
驚くでしょ、釧路まで来て炉端も行かず・・・
前回の釧路泊は泉屋で今回はサービスカレー。
明日は上手い事、騙して湿原号の撮影を予定して?
ソコへ余計なMail「流氷接岸早く来い」!


流氷行Ⅰ2020年02月20日 10時11分57秒

昨日帰った、最近はPadも持参なので繰り返しに。
行程途中の報告も細かく掛けるようになっている?
整理しながら報告を行うのが伝統の様なモノだ!
大洗夜行便は10時半までにチェックイン。
どうしても早めに出発してしまう。
何時ものスーパーで食料を調達して港へ向かう。
イキナリ一時間押しと言われる?
早めに着いての押しでは2時間ほど待つと言う事だ。
徒歩乗船の奥方も30分ほど乗船が遅れたらしい。
ゲートも開かず誰もイナイので心配し電話が掛かる!
乗ってしまえばフェリーなどすることも無し。
風呂に入って寝るだけだ。
何時もは棺桶のような寝台だが今回はデラックス?
二部屋しか無い個室を予約している。
船齢も古いので予想通り余り綺麗では無い。
地方ビジネスの古い広めツインのような部屋。
苫小牧行きだと個室は海側で窓は見えぬくらい汚い。
自動販売機の並んだ食堂の先、倉庫のようなドア。
通路と有る鍵を開けて二部屋のドアという作り。
ユックリと寝て覚めて見に行くと金華山沖だった。
天気は良いが少し霞んでいて三陸も良く見えた。
朝飯、昼飯の後はひたすら寝る。
奥方に文句を言われるが寝る以外にする事は無い。
定時に着岸し、何時もの回転寿司屋へ向かう。
相変わらずの筋子から、軽い夕食を取る。
何時もならこのまま走りだが、今回は奥方同行。
本日は苫小牧のホテルに宿泊となる。
夜行便だとココがもったいないが仕方が無い?



帰り船2020年02月19日 06時47分03秒

阿寒湖を出て安平に寄るも機関車はガラスの中?
苫小牧で何時もの寿司屋で昼飯。
船内二食分の買い出しを済ませ。
ウトナイ湖に寄る。
昔、仕事で苫小牧に住んだ時に家族を呼び寄せ。
時々寄った温泉施設を思い出すも。
湖畔には道に駅しか無い。
乗船時間になり埠頭へ向かう。
毎度の事だが待たされるねえ。
車の方が早くのれて、奥方が中々来ない。
船内に隔離されても良いようにデッキ付きの部屋。
明るくなり朝日に照らされる景色も見える。

オホーツクから阿寒湖2020年02月18日 06時25分49秒

ホテルの窓から撮影、オホーツク最終日。
少しは鉄道写真を写す気になるも。
北浜の方から嬉しそうに雑念がやってきて邪魔をする?
止別駅で撮影し斜里に戻って、流氷物語号往復。
メンバーにあいさつして阿寒にむかう。
昨晩は民宿泊、久々にご飯を食べた。
夜に街歩き氷上の祭りを見る!

国後島を望む2020年02月17日 06時45分50秒

温泉付きのホテル、疲れているのだろう朝が遅かった。
流氷の見える海岸を探し、ウトロ方面に出かける。
結局、岩尾別まで行ってしまいウトロで昼食。
斜里方面に戻って来たがホテルに帰るには少し早い。
何んとその時間から峠を越えて標津から尾岱沼へ。
はるか国後島を眺めてトンボ返り。
苫小牧で満タン給油、1200キロ走ると表示されていたが?
賢い車は燃料を入れろとうるさい!
鮭の博物館を見学、余り美味しくない蕎麦を食って給油した。