流氷見物2020年02月16日 07時06分46秒

今年ラストでガリンコ号が新造船になるらしい?
斜里人は乗った事が無いと言うので紋別へ向かう。
網走湖を過ぎて峠を越えた辺りでmailが届く。
北浜人が網走駅で待っているらしい?
放っておくかとの意見もあったが、僕らは優しい人達!
Uターンして回収に向かう、来たいのなら最初から言えば良いのに?
駅からは運転を任せて、今日は一日助手席となる。
先ずは常呂へ、ここは穴場だなぁ誰もいない。
丁度良いくらいに海が開けている。

釧路で2020年02月14日 07時20分26秒

日高、広尾経由で走る。
途中で知り合いの訃報が入り、連絡に1時間ほど掛かる。
各地の友人に知らせて、対処を頼んだ。
昼飯を食べ損ねて、白糠まで走り。
以前に紹介されたラーメン屋に入る。

苫小牧2020年02月13日 06時13分15秒

昨日一日は船の中にいた!
深夜1時過ぎに出港し20時頃に着岸する。
昼間一日中走っている船を夜行便と呼ぶは変だなぁ?
毎回の事だが全く何もしない1日だ。
到着後は何時もの回転寿司で晩ご飯。
筋子の寿司が馬鹿に美味い。
新たに購入したコンデジの充電器が見つからない?
カメラは各種を持って来ているから問題無いが。
動画の試運転前に電池切れかなぁ?

デラックスルーム2020年02月12日 11時45分06秒

乗船が1時間も遅くなり思いの外に待たされる。
相変わらずの古い船で乗用車は階段でロビーへ。
徒歩の奥方とは時差なんと1時間?
今回初めて二部屋しか無いデラックスルーム。
入ってみれば古いビジネスホテルの広めのツイン程度。
夜行便ではこんなモノか!
仙台湾で朝になり電波つながりブログを書くも。
再び途切れ、昼頃に三陸となりup出来た。

拷問のように乗り続け2020年02月06日 14時34分10秒

長躯、釧路まで来て撮影は二日。
早朝から15時間程を乗り続けてひたすら帰る。
暗い道を駅まで歩く、雪が少ないので滑らない?
予約済みのs北斗10を臨時の88に変更する。
到着時間はホボ変わらないが接続時間が減る。
ホームには網走行き始発が待っている。
発車時に白く排煙が上がる寒い訳だ。
以前は始発でオホーツク1に間に合ったが?
コレに乗ると今日中の帰宅は無理なので諦める。
朝食を購入していておおぞらの入腺を見逃す。
帰りは毎回の自由席、トマム辺りで満員になる。
行きはマスク有無で判別したが帰りはマスクだらけ?
まぁココらで乗ってくるのは中華系が多い。
南千歳乗り換えは臨時北斗88に変更で待ち時間無し。
売店に行きおにぎりを買う、コレが以外や馬鹿美味!
このまま乗り続けて函館、久々の182は幾分優しい?
自由席はデッキまで大混雑だが指定はガラガラ。
一両の指定車両はホボ空のママで函館まで走る。
函館のミカドで休日クラブ券提示、土産は10%引き。
預けて遅昼のラーメンを食べに行くも昼休憩。
仕方なしに観光客相手の店で塩ラーメン。
時間も余るが彷徨く暇も無し、新北斗へ移動する。
ホボ空のはやぶさは新青森から急に混み出す。
持参の本を読み終わる頃に首都圏が近づき。
普段と乗る場所が違うので一瞬迷子になって?
地下鉄へ、何故かこの時間に方南町行きが無い。
朝6時過ぎに乗って、帰宅は21時過ぎとなる。


撮影最終日2020年02月05日 08時15分15秒


歩けぬのを気にしてくれて出庫風景を見に行く。
歩くは遅いが気にしないでくれと伝えて移動。
藪扱きの後で凍結した湖面に出る。
良い場所はもう少し歩いた辺りと解っているが。
撤収で迷惑を掛けるとイケナイので近場に構える。
それでも北海道、広い景色は爽快だねぇ。
一人で長い待ち時間となる。
実際もう少し先が良かったなぁと気づいた時は遅い。
遙か彼方を蒸気を引きながら湿原号が走り去る。
足跡を追い戻ったが途中でロスって違う場所に出た。
午後は山の上だが尾根を平行移動と告げられる。
案内人のジムニーは急傾斜の雪道を駆け上がる。
一つ先のピークを指し、アノ先だよと歩き出す。
結局は一山越えた先という訳だ。
一番乗りで到着、別ルートから登ってくる人がいる。
なんと秋に宿泊代を払い忘れ借金したままの友人。
春まで会えぬかと気にしていた、ココで返せるとは?
続々と登って来た人達は皆が誰かの知り人ばかり。
コンナ所で仲間内の集いの様な撮影となる。
撮影後も僕らだけが尾根道を水平移動で戻る。
帰って画像を見れば本日の写真は何故かブレブレ。
カメラの設定を間違えていたようだ。
皆さんには動画の方で雰囲気を? 
https://www.youtube.com/watch?v=QC_5zgw7BqE
撤収後に晩飯はラーメンと決し連絡する。
撮影地で別れた友人も参加の意向、ラーメン屋に集合。
ホテルに戻り荷を組み替え、撮影から移動用へ。
機材はケースに詰めて宅急便で送る。




撮影初日2020年02月04日 08時07分43秒

釧路の朝は比較的ゆっくりで良い。
サービスの朝飯を食べていると見知った人が通る。
呼び止めた、ホテルは知り合いが多く泊まっている。
朝から話が弾み、部屋に戻れば程なく迎えが。
駅に寄り昼食用の食料を調達。
最近は歩くのが駄目だと言っておいたのだが。
案内人は信じていない、荷を負うて撮影地へ向かう。
皆さんの想像の4倍くらい掛かって後を追う。
カメラもレンズも軽いモノに台数も減らし。
それでもヒーヒーハーハーで後を追う。
現地に着けば高いところは気持ちが良い。
ココに来るのはコレが最後になるだろうと思う。
直前に日が陰り惨敗だけど思出的には良い景色だ。
帰りがコレまた時間が掛かる。
実は平地を歩くスピードが信じられないくらい遅い。
皆が心配してくれるが本人は解っている。
何処かで列車をやり過ごす事になるかなぁと歩くと。
余りの遅さに心配して途中で待っていてくれた。
昼飯は釧路名物味噌おにぎり、コレも毎年の事。
返しは案内人には丘へ行って貰い平地で一人。
通り過ぎる人が不思議がるがココで良い!
ヤハリ三脚が無いと欲が出て収まりが悪い。
コレにて打ち止め毎年恒例のパフェ屋へ向かう。
今年もデッカイパフェを中途半端な時間に食べる?
ホテルに帰り一休みし晩飯に出掛けようとすれば。
サービスカレーの良い臭い、つられて食べてしまう。



毎年恒例、釧路入りの宴2020年02月03日 08時25分57秒

無事にホテルに収まり送った荷を受け取り整理。
移動用から撮影用に組み替え、一段落し寛ぐ。
時間になり釧路の主がホテル前まで迎えに来た。
毎年恒例、本日宴会は焼き鳥屋と決まる。
ホタテのなんだかって辛いモノがとても美味しい。
土産に買って行こうと言っていたのに名前を忘れた。
僕は飲まぬし主は車、モリモリ食べて宴会終了。
送ってもらい明日朝の時間を決めて解散。
では、宴会の焼き鳥料理の数々!
途中から写すのが面倒になって・・・・

コレが凄く美味しかったのだが名前を忘れた。
ホタテの何だか・・・
キュウリ?
アボガドの天麩羅
米も食わなきゃ鮭茶漬け
〆は焼きマシュマロ




何故か新千歳空港2020年01月31日 08時12分34秒

早起きして函館駅へ、朝市のお兄さんを冷やかし駅へ。
入線間に合わず既にS北斗は停車中、指定席は混雑。
初めて乗る自由席、乗ってみればガラガラなんだなぁ。
この区間は何時もは指定席で結構な混雑なのだが。
函館折返で工夫すれば自由席の方が楽なのでは?
途中の洞爺辺りで中華人が乗り込んできた。
東室蘭でホームに行列、大混雑になる?
隣に座った方に聞けば列車遅延すずらん運休との事。
南千歳の接続時間が長く昼飯を何処で食うか悩む。
新札幌では短く、思いついて新千歳空港へ向かう。
トコロが接続の快速が満員でエライこっちゃ。
空港駅に着くも凄い混雑、ラーメン屋長蛇の列。
雪印パーラーを見つけソフトを食べて千歳に向かう。
知らなかったのだが千歳って本数が少ないんだねぇ。
呑気に昼飯を食べて戻れなくなると間抜けだ。
時間を見て慌てて室蘭行きすずらんに飛び乗る。
南千歳に戻るも何だか騒々しい?
大幅に遅れた札幌行き特急が次々と着く。
放送を聞いていると遅れているおおぞら?
あれぇ、コレの折り返しに乗るはずだが大丈夫か?
そう言えば予備車でもかき集めたのか少し短い。
折り返しの列車が行かぬのに5号は定時で南千歳着?
おおぞらの指定に収まりラストミッションとなった。
昼食は安全策で空港調達の食料で済ます。
コレ、オカズは良いがパンがスカスカで凄くまずい!
雪の少ない海を眺めていたらMailが入る。
「ニュースで新千歳空港コロナウィルス、飛行機は乗らないから大丈夫だよねぇ」ってヤバ!
北海道も雪は少なくお尻が痛くなって釧路に到着。
無事にホテルに収まり送った荷を受け取り整理。
移動用から撮影用に組み替える。



何故か新潟経由2020年01月30日 08時23分50秒

朝5時は未だ暗い夜中に起きる感じで変だ。
地下鉄に急ぎ予定通りに東京駅に着く。
目的地は北海道なのに何故かE2、上越新幹線とき301。
国境の長いトンネルを抜けても雪は無い?
同一ホームなのに改札が一カ所、不思議な新潟駅。
相変わらず乗り換え客は行列を強いられる?
以外や座り心地の良いいなほに乗って北上する。
前回、撮影した小高い岬を車中より眺めて進む。
秋田駅での昼食は駅蕎麦、茸とエビ天の豪華番。
味が濃くて喉が渇きキャラメル何だかを買う。
持ち込みでつがるに乗車、青森に入って少し雪が。
久々の新青森乗り換えでホボ無人のはやぶさに乗る。
木古内で降りるか悩むも面倒なので新函館北斗へ。
初めてJR北海道の車両に遭遇も別段変わらないねぇ。
函館着も早めにホテルに入り荷を置き夜の町へ。
真面目に鉄と市内電車で谷地頭へ向かう。
ドック側は数度出掛けているが初めての終点まで。
明るい時に再訪するつもりだけれど夜も良いねぇ。
ちゃんとした機材で写せば綺麗だろなぁ。
駅横で八百屋を見つけ、フルーツを購入する。
多く入らないとミカンを二個ほど出して貰う。
婆さんに100円払って函館駅へ戻る。
ラッキーピエロで晩飯、デッカイハンバーガーだなぁ。
ホテルに戻れば丁度サービスカレーの時間。
臭いに誘われて食べてしまう。