石見の海と2009年10月20日 08時22分29秒

石見の海と
昨年、島原鉄道の部分廃線に出掛ける時に口之津が妙に引っかかり行って見た!
出会いがあって再訪するのだがその時に資料館の館長さんからシルバーシップの話を伺う? 

口之津に異国船がやってきた時期は判っている。
彼等が銀を目的にやってきた事も積み荷に銀を持ち帰った事も判っている。

しかし、島原半島周辺ではソレを賄うほどの銀は出ていない 
が その時期は石見銀山が商業開発に成功した頃とリンクしている。

大内さんの所の銀山に関する資料に唐天竺からも船が来たって記録は有るらしい?

もし実際に古龍に外国船が直接入港していたのなら古龍の伝承はもう少し具体的に残っていたのでは?
石見銀山ではこの伝承を元に鞆から西洋世界に銀が運び出されたとしているが?

既にポルトガルやスペインがフィリピンや中国に進出している時代に唐天竺はあやしい?

豊臣政権成立前、天下は統一されていない。
その時代は日本船だって外洋に出掛けていたし幕府倒壊後の貿易は商人の自由だった。
大内さんはその時代に大儲けしたわけだ・・・
 ヨーロッパから船が来るって事はキリスト教の布教も同じように付いてくるし・・・
  
だから・・古龍や鞆に異国船は来ていないと思う!

博多の商人達や日本の統治者って以外と計算高い?
彼等は利益を生む方法も仕組みもヨーロッパ社会と付き合う方法も判っていたのでは?

既に進出を受けて植民地化していた東南アジアの商売で日本の商人は彼等と競い合っていたって節もある?

石見銀山の世界遺産に登録の歴史的価値ってそう言う部分が大きい!   続く


8月17日の「達磨さん」から始まった ”続く!”は話が少しずれてしまったかなあ?カテゴリーの{石見銀山とその周辺}を選択で続き物になるけれど・・・・
 タイトルを揃えなかったから 判りにくかったかなあ?
 
とりあえず・・・・    続く の  続く!

ヨーロッパからの船2009年09月28日 09時00分03秒

ヨーロッパからの船
島原半島に口之津という場所があります。
遙かヨーロッパから交易のためにポルトガル船がたどり着いた場所です。

その場所へ行った時にココへやって来る船はシルバーシップと呼ばれていたと説明を受けました。
しかし、この辺りでは彼等を満足させるほどの銀は産しません。

今の交通機関を元に考えるととても不便な場所ですが大量輸送の技術が海上輸送しかなかった頃の輸送路で考えれば口之津は湾内に入って最初の良港になるので異国船が入港した理由は解ります?

商いは貨幣では無く交換だったのだから?
異国の商品を見せられ欲しければ交換するって申し出に彼等の希望する物をどうやって確保したのかなあ?

その頃大内氏の時代、既に銀山は経済的には博多商人の支配下にあったと思うのですが?
世界地図に大森の銀山は載っているのだが?記録に有るという唐天竺の船が来たって本当なのかなあ!
だったら石見の海岸地域にもっと異国船の伝承が有っても良さそうだが?  

なぜ? 大陸や半島ま到達していたヨーロッパからの交易船が日本海に進出せずに口之津だったのだろう?

大陸や日本海に博多の商人達が商圏を確保していたからじゃあ無いのかなあ?

石見銀山の世界遺産登録に”世界経済を動かした”と有るけれど?
石見から海外に運び出された記録って有るのかなあ?

どういう訳で口之津へ来る外国船がシルバーシップって呼ばれていたか?

だから大森の銀山が 博多の商人神谷寿禎によって商業開発されたって事が出てくるのだと思うんだなあ!

大森の山中に唐人屋敷は有るけれど異人の伝承は無いんですねえ?
 あっ キリスト教徒がいた事は解っているけれどね・・・・

その頃から統治とか商権とかが確立されていて余所からの横やりが出来なかったって事なのかなあ?

続く

キチンと資料を調べたわけではない。2009年09月18日 08時33分44秒

キチンと資料を調べたわけではない。
その場所に出掛けていって景色を眺めそうして感じた事や土地の人達の昔語りを聞いて思う事!
そういう情報を持って実際に歩いてみる?

事実ではないとか伝承に過ぎないとか揚げ足を取る人もいるけれど?
これは僕が趣味で出掛けていく事だから別に気にしてはイナイ。

昔々に大森で老人から佐渡の金山へもココから職人が出掛けて行ったと説明を受けたが?
それっていつ頃の事なんだろう・・・・・

神谷寿禎が鞆ヶ浦に上陸し銀山の商業開発に掛かった頃なのか?

大内・尼子の争奪戦が一段落し毛利の支配が確定した頃なのか?

関ヶ原後に大久保長安が甲州がら鉱山技術者を連れて来た頃なのか?

採掘技術的にも”拾っていた””鉱脈を掘り下げた””坑道を掘った”
加工秘術でも、”鉱石をそのまま運んでいた”から精錬加工を行い最終的には純度の高い銀塊にして運び出している。

輸送に関しても初期の鞆ヶ浦は鉱石のままだった事は尾根から落としたって話で鉱石まで出たって言うから間違いないだろう?
唐人を連れてきて製錬技術を持ち込んだのが神谷寿禎って話だから、鞆ヶ浦から鉱石で運んだのは初期の頃なのか?

この辺りの港に異国船が寄港したって話はあまりi聞かない?
まあ日本海の場合は制海権は日本に有ったようで、この海で海賊行為を行っていたのも日本船だから大陸や半島の船が来る事はなかったのかなあ?

鉱石で輸送していた頃は精錬は何処でしていたのだろう?

こんな疑問の中で時代時代に誰が一番利益を得ていたのかなって思うんですねえ!

それを調べてみれば、もう少し解りやすいかなあ・・・・・・・・・・・・   続く

海蝕洞窟の中で相撲2009年09月17日 08時40分49秒

海蝕洞窟の中で相撲
風向きによっては直接に浪が奥まで届く古龍になぜ千軒と言われるほどの人が住んでいたのか?

初期に住むようになった事情が半島から漂着した人達だったとしたら?

数年前に土地の方と古龍について話していたら「歩いて行けるよ」と簡単に?
長い間、陸路で行く事は出来ない幻の港って聞いていたので驚いて案内を頼み出掛けてみました。
尾根に出て尾根道を進むと茶屋の跡と言われる小丘があり道に井戸があります。
おそらく通って来た尾根は道ではなかったのではと言う感じです。
竹が生えていて通行が不可能って感じですが明らかに広い古道がその先に確認出来ます。

古道は竹が群生していて歩けないので平行している尾根を歩きます。
古龍に向かい降り始める所からはかなり急な綴れ降りです。

途中に住居跡が確認出来るとその先で坂を下りきり左折して海に向かいます。
砂地になる辺りから物凄い量のゴミが・・・ 全てハングル表記が確認出来て漂着物と解ります。
風向きによってはココまで吹き上げられると言う事でしょう。

その場所に立ってみて改めて感じたのは、住みやすくは無かったのではと言う疑問です。
なのに 古龍千軒? だから八又の大蛇の話です。

この夏に鞆が浦から古龍に至る遊船に乗った時に船頭さんはベテランの漁師さんでした。巧みな操船技術で初めて入る海蝕洞窟もあり新たな発見もありました。

明神さんのある窟に入る時に昔はココで相撲を奉納していたと話し始めたのです。
階段の跡が確認出来て土俵も残っているらしい。

朽ちかけた木材は櫓の跡と説明は進む、僕にはリンゴに見える達磨?明神さんと呼ばれている岩は天井から落ちてきたと話すので常々思っていた疑問を問うと・・
あれは古龍の人が彫ったんだと言い出す?

驚いて聞き返すとココで相撲を取っていたのは古龍の人達だとの事?

同行していた土地の人が、この古龍の人達が昔、佐渡へ集団で移住したと話し出す。
佐渡島の踊りとこの辺りの盆踊りの所作が似ているらしい?

えっ 古龍って石工の技術を持っていた人達?しかも相撲!
今年の夏の出雲歴史博物館の企画展は”相撲発祥の地”古代出雲と相撲の関わりを展示していました。

昔、石見の地で石工の技術を持つ古龍の人達が海蝕洞窟の中で相撲を奉納していた・・・・・・   続く

古龍の不思議?2009年09月15日 08時39分36秒

古龍の不思議?
実は仁摩町には古墳が有って石棺も出ているのです。
つまりその時代に今の仁万の町辺りに古墳を作れるだけの財力のある人達がいたって事でしょ
なのに銀山に関する話に仁万はあまり登場しないんですよ、でも古龍は必ず出てくる?

しかも。その古龍は消えてしまった港なんですねえ。
千軒は誇張にしても。この周辺ではかなりの集落だったはず?

不思議なのはこの古龍という町が全く陸地に対しては不利な場所なんですよ!
後背地に平野を持たない海だけで生活していたのかなあってそういう景色なんだなあ?

神畑や湯湊の方が住みやすそうだし温泉津や仁万に人がいたはずなのに何故に古龍?

海からしかアクセス出来ない一番奥まった入り江に?


八又の大蛇って話をご存じだと思うのですが?
以前にこの地を旅行中にこんな話を聞いた事があります。
朝鮮半島から流されてきた8人の漂流者が遙か遠くに陸地を見つけます。
彼等は、その陸地に必死で向かいます。
この辺りの潮流は早く見初めた陸地には近づけません。
しかしこの海の流れは島根半島にぶつかるのです。
沖合を流れる潮は解りませんが陸地側を流れている潮は島根半島の根元で陸地に突き当たります。
彼等が見初めた陸地は三瓶山!やっと辿り付いたのは稲佐の浜だったとしたら?

以前に漂着した人はその地にいた出雲の人達と友好的な関係を持ち、半島の知識を持ったその人は異国から来た良い神として風土記に記録されました。

さて、流されてきた8人はこの地の川を見て砂鉄が含まれている事を知るわけです。
彼等は出雲平野に入る事をせずに遡ります。 そうして鉄器を作ります。

男ばかりのこの集団は生産工程の合間に女を求めて里に下りて略奪を始めるわけです。

神代の頃からその様な事があったのだろうと考えると、あの辺りの地名も納得出来ます。
大田・五十猛・大浦・韓島・邇摩・神畑・古龍・湯湊     続く

旅行者からの質問2009年09月14日 09時04分52秒

石見銀山とその周辺について案内を頼まれて?
旅行者からの質問をいただきました。

少し整理が出来ましたので続き物で書いていきます。
まあ ここの所・・出掛けないので報告も減るだろうから丁度良いか?


全くの想像で思った事を書きますから誤解の無いようにお願いします。
今から30年以上前にフト立ち寄った山陰の町の話です。
ココにお見えになる方は既にご存じだと思います。

世界遺産になった石見銀山とその周辺です。

その頃の大森には羅漢寺の坊主を筆頭に何人かのお年寄りが僕等に銀山の事を話してくれていました。
”博多の商人神谷寿禎が日本海を北上するおり、沖合より白銀輝く峰を見留、船をこぎ寄せ上ってみると”と始まる銀山縁起や当初は鉱石を拾い集めていたとの説明!
その後に露天掘りを行っていた事や鉱山の従事者が技術者で職人として雇われていた事や鉱山が個人で開発された物も有ったって話に佐渡へも大森から技術者が指導に行ったって話し。

この辺りの事は知れば知るほど不思議な事が多く、ここ数年で色々な疑問が解決しました。
けれど解決するともっと不思議な事が次々と出てきます。

整理してみるとこんな具合です。

製錬技術を知らない人達が銀鉱石を識別出来た理由?
 銀は塊で落ちているわけではないし、この地域の石から銀が取れると言う事をどうして知ったのだろうか?

露天掘りと言うが鉱脈を識別出来る技術は有ったのか?
 岩盤に露出していた鉱脈を掘る知恵を誰が持ち込んだのか?

古龍千軒と言われる入り江は何時の時代に栄えたのか?
 この周辺の海岸線で銀山へ隣接している入り江の中では内陸への入り口としては不利な古龍がなぜ千軒と言われるほど栄えていたかのか?

数年前に知り合いに船を出していただき念願の海からの仙の峰を見る事が出来ました。
結果として、あの山が銀色に輝く事は無いなあって感想でした!

時代的考証や裏付けなどの学問的な事ではないのですが長年この地を訪れている他所者として耳で得た話を整理すると”作り話”が出来るかなあ・・・・   続く!

達磨さん2009年08月17日 11時14分44秒

達磨さん
鞆ヶ浦からの遊船のコースに達磨さんがいる海蝕洞窟がある。

洞窟の中、テラス状の台の上に大きな岩があり達磨さんの格好をしている?
 個人的にはリンゴに見えるのだが?

とても変わった姿の岩でどういう訳であんな格好になるのか不思議だった!

今回の船頭さんが話すには・・・昔はあの岩の横の土俵があり祭りの時には相撲を取っていたとの事?
説明されて見ると、なるほどちゃんと階段がある!

話を聞いて驚いた!
ココで奉納相撲をしていたのは「古龍」の人達らしい?

そして、達磨さんは古龍の人達が作った物だという!

ノミと鎚で石を細工する技術を持った人達が古龍に住んでいて各地の鉱山へココの人達が出掛けていったらしい?

石見銀山の職人が佐渡金山へ行って指導したと言う話があるけれど?
その人達が古龍の住人のようだ?

佐渡金山の開発が進む時期と古龍が銀山史から消えて行く時期がリンクしているのも興味がある?

大内氏の支配から毛利氏の支配へ変わる頃、そして江戸時代初期に古龍は過去の港になっていたって事だから?

大久保長安が甲州から技術者集団を引き連れて石見銀山へ来た頃に、この古龍の人達が集団で佐渡へ渡ったと言い伝えに残っている・・?

この辺りの盆踊りは平家物語で節回しや踊りも独特の物だが、佐渡の盆踊りが似ているらしい?

戦国末期から江戸初期の事を昨日のように話すと言うのも面白いが?
そう遠くない昔、土俵が有りその柱がまだ残っている?

古龍千軒と言われる場所がとて引きつける物があるのは・・ そう言う事かなあ?

大昔、落盤した岩を達磨に加工する技術を持った人達がココにいた?
その人達は祭りにこの場所で奉納相撲をしていた?
その人達がある時期に集団で佐渡に渡った?

疑問に思うのは何時頃から古龍に人が住んでいたのだろう?
もしかすると神谷寿禎が鞆ヶ浦に上陸した理由がソコにあるとしたら面白いなあ!

扇原関門2009年06月02日 08時36分58秒

山口から村田さんの攻め上がった道を辿る旅は途中で道を間違え柿本神社まで行ってしまった?
まあ、ココを通った別働隊の記録も有るから良しとして! 石見横田へ戻る。

この町は津和野川や匹見川の合流地で川漁業の中心でもある。
古い町でチョット興味は有ったけれど時間に余裕が無いので扇原への道を急ぐ!

古い時代の道って川沿ではなく山越えをする所が多い?
ここも同じように平坦な川沿いを通らず山を越えていく!

新しい道路が複雑に交差し、いつの間にか旧道から離れそうになったりして・・・
道ばたの案内板に気が付き扇原への道を入る。塚が有り墓と解る。

その場所へ林道様の道がつながっている・・・江戸時代のままの道?
ソコが岸さんが守れと指示を受けた扇原関門への入り口だった!

軽トラックで来た事を感謝べきだなあ と 言うような道を少し登る
サミット辺りは確かに古い時代に切り通しにしたと解る。
ここにこれくらいの建物が有り、ソコからアソコまで柵が有ったのかなあと想像出来る景色だ!
コレより津和野藩の石柱と思いの外に立派なコレより浜田藩領の石柱がある。

僕等の感覚では浜田と言うと山陰の小都市って感じだがこの辺の考えも変えないと?
関ヶ原で敵対した外様の最右翼、毛利家を押さえるために置かれた要!石柱にも威厳が有った。

江戸時代の武士道が岸静江という侍を生んだのだろう?と司馬さんも書いているが!
この人と正面切ってぶつかったのがあの時代の日本で最も新鋭の兵制のエキスパート
村田蔵六率いる長州軍というのもまさに時だったんだろうなあ!

色々な場所に行ってその時って言うのを思うけれど?この場所の趣はなかなかの物だなあ!

司馬遼太郎が感動したっていうのがよく解る

この場所? ココが 岸静江国治って人がたった一人で鎧を着込み大槍一本で当時の最新鋭西洋式軍隊の訓練をも受けた1500人の越境を阻止した所なんですねえ!

「いざ参る」って かなわないなあ?

長州軍は岸さんを手厚く葬り横田まで一端引き翌日に益田を攻撃します。

この村田さんの判断が浜田城にある石碑に他の人は「討死」となっているのに
 岸さんのみ「関門死守」って書かせた理由なんだろうなあ?
  (詳細写真はMixiに載せてあります)

南 周防の国吉敷郡2009年06月01日 08時50分35秒

連休の時に途中で中断した慶応2年6月の史跡巡り?
山口に出掛けたついでに続きを・・・・・

元山口ユースホステル? 紅花舎の前の道は江戸時代の石州街道である。

周防山口から石見に至る旧道で雪舟もこの道を辿り益田へ出掛けている。
慶応2年6月に村田さんと1500名の長州兵はこの道を通り石見銀山まで攻め上がる!
銀山や浜田藩はこの後、長州軍の不法占拠のまま明治を迎えるわけだから既にこの時この地では維新は始まったって訳です。

国道9号線の木戸トンネルまでは今でも土地の人が利用しているがその先の木戸山を越える区間はとんでもない状態になっていた?

枝は道を塞ぎ道は自然に帰ろうとしているって感じ?

乗っていったのがYHの軽トラでなければ・・・
木の枝をバリバリ掻き分けて進み、途中3回ほどスタック寸前?
右側は谷で軽の車幅イッパイ・・・登れずに尻を振ると 断崖に・・・・

峠には道標が立っていてこう言う物を見つけるのが面白い
 サミットを越えると道は良くなり9号線につながる!

この後も、昔の道を辿り益田に向かう。

三谷から生雲にでて津和野城下を迂回する。
道は思ったより平坦で大勢の武装兵の移動にこの道を通ったとの説も説得力がある!
いくら中立を宣言していた津和野藩だって武装した長州兵がお城の目の前を通るのを黙認したのではメンツが立たないだろうし?

雪舟の時代も木戸山を越えて長門峡を通り生雲から横田へ向かったのだろうか?

聖徳寺の弾痕2009年05月12日 08時55分15秒

慶応2年6月17日、一端は扇原関門より横田へ引き上げた長州軍は侵攻を開始する。
浜田藩と各藩で編成された幕軍は数カ所で反抗を試みるが・・・・
 これが・・まあ やる気の問題だなあ?
記録では幕府軍の総数は3万人とも?長州軍は1000人とも?

幕府軍はこの付近に防衛線を引き長州軍を迎え撃ちます。
 と 言っても前日の岸さんのような侍?がいるわけでもなく?
主軸の津山藩・福山藩と紀州藩も戦意はそんなに高くなかったと言われています。
直接領内で戦う浜田藩兵のみ頑張ったって勝敗は決していたのでしょう。

このお寺に長州軍の銃痕が残っています。

戦わずして自ら城を焼いて逃げたって話はどこから来ているのだろうって?
不思議になってきますねえ!

確かに自焼退城ですから弱すぎってイメージですが?
戦意が有るのは浜田藩兵だけで近代装備の長州軍相手?
しかも指揮を取ったのは後に半日で上野寛永寺の彰義隊を敗走させた村田(大村益次郎)さんですから!
初戦の石州口の戦いから追い込まず逃げやすいように仕掛けていたんですねえ・・・


ところで自らの不明で長州軍迫る石州口に岸さんを派遣し戦端が開いて後に徹底抗戦を志すも追従者を得ず、敗戦落城の不名誉を避けるために自焼退城を選択した藩主?

この人って慶喜の弟なんですねえ?

なるほどなあ・・ 
それで勝ち目がないって逃げるわけにはいかなかったんだなあ。

ところで長州軍はこのまま攻め上がり石見銀山を押さえるわけです。
 で この人達が豊栄神社を造って毛利元就の像を祭るのだが?
      この像って何処に有るのかなあ?