信濃丸2019年12月09日 08時10分40秒

先日の蟹行き、舞鶴引揚記念館に寄り見学してきた。
展示に従事した全ての使用船舶の模型が有った。
数万人を運んだ船も、数十人の船も展示している。
一番下の端っこに一目で古いと解る形の船が有った。
前時代のデザインを感じるマストに目が行った。
明治33年竣工・信濃丸・回数19回・人数3.8万人。
古い船なのに随分と運んだんだなぁ。
何処かで聞いた名前だなぁと思ったが!
日露戦争が明治38年、と言う事はもしかしたら?
見返せば何処かで見た形の訳だ。
日露戦争の日本海海戦で秋山参謀の電報に有る。
「敵艦見ユトノ警報」を発信したのが信濃丸だった。
そんな船が引き揚げ船として数万人も運んだのか?
興味を持ったので調べてれば船史的な本が出ていた。
「信濃丸の知られざる生涯」と言う本で早速、ポチッ。
何時ものように翌日届く!
明治時代にイギリスで建造されたこの船は。
翌年に建造中の戦艦三笠の回航員をイギリスに運び。
日露戦争初戦で陸軍に徴用、主力の半島上陸に従事。
解除後は海軍で再徴用、仮装巡洋艦に改造されて。
日本海海戦の日の早朝にバルチック艦隊と遭遇する。
本来は外洋航路の貨客船で北米・台湾航路など。
華やかな経歴で活躍し、老朽化後は遠洋漁業に従事。
鮭鱒の遠洋母船になり、浮かぶ缶詰工場になったり。
小樽空襲で被弾も可動可能と修理、引き揚げ船となる。
最期はこの国は関わっていない朝鮮戦争の最前線へ。
明治から昭和、歴史のポイントに登場しつつ。
最後まで日本船として従事し幸い撃沈もされず。
国内のドックで解体された!講談を聞くようだねぇ。


旅の記憶2019年06月24日 08時09分38秒

思い出なので以前にも書いたと思うのだが?
先日テレビの旅番組を見ていて思い出した。
十代の頃、汽車を見に休みの度に出掛けていた。
何処で覚えたか、教えて貰ったのかは忘れたが。
旅する知恵の様な物だったしマイブームミタイナ?
旅先でお茶を飲みたいと思ったときに和菓子屋へ。
当時だと和菓子の値段など安い物だったと思う。
ソコで菓子を買ってお茶をもらえるかと聞けば!
かなり良いお茶が飲み放題になるという技?
店によっては思わぬご馳走になったりと言う記憶?
ランクの高い立派な店ほどコノ技は有効で。
背負子を背に若者がふらっと来店し和菓子を買う。
ココで食べたいがお茶をもらえるかと言う訳さ。
店によっては店主直々に入れてくれたり話したり。
良いお茶で美味しい菓子をご馳走様と言う仕掛け。
喫茶店の珈琲よりは遙かに安く喉を潤せる。
山陰の鄙びた駅前、古い和菓子屋に寄ったとき。
若い店員が対応し、お茶を飲みながら話すと。
歳は幾らも変わらぬ美しい女性(記憶の中では?)
東京からに驚き、同年代に感心された。
30年程過ぎ、その町に寄ったが駅前はビル街。
離れた所に菓子屋を見つけて、その話を思い出語り。
対応し話を聞いてくれた奥さんが、それ私ですよ。
店主に気に入られて若旦那と一緒になり店を継いだ。今度は奥さんが、再開発で立ち退きにという話を語る。
それからでも20年以上、記憶は良い事しか残らない。

オリンピック2019年06月14日 08時12分02秒

小学校から列を組んで甲州街道まで歩いた。
日の丸の小旗を持ったかは覚えてはイナイ。
到着して直ぐに先生が話している時に何かが通った。
後で思い出すにソレがアベベだったようだ?
最初に僕らが手を振って応援したのは集団だった。
その中には聞いていたアベベらしき人はいなかった?
ソレよりも強烈な記憶に残っている事がある。
幾人もの選手が通過し飽き始めた頃だったかなぁ。
太極旗を胸に付けた選手を見て応援をする子がいた。
外国人が続いた後にはっきりと東洋人の選手。
突然大声で「がんばれがんばれ」と叫び出だす。
周りの皆が日本選手じゃないよと教えるも止らず。
かなり興奮していたソノ子に違うと教える先生たち。
その時は日本選手と間違って応援してと思ったが。
冷静に考えれば間違えじゃなかったのでは。
子供の記憶なのでハッキリしない・・・・

避難受け入れの連絡2019年03月12日 08時47分46秒

コンナ事を書くと怒られるかも知れないけれど?
事務所では一日中テレビが何か話している。
見ている訳では無いのだが付けっぱなしと言う事。
ここ数日は東日本震災の事ばかりだ。
昨日は書き終えて気がつきその事を追記した。
MSは当日、余り揺れずに世間との違和感はあった。
それで他人事のように落ち着いていたんだねぇ。
アッチコッチから安否の連絡が入ったと書いたが。
一週間後のブログに驚くべきMailの話しが。
ベルリンからドイツ語のMailを受け取った。
既に原発事故は世界中を駆け回っていた時で。
夏に知り合い石見銀山を案内した小説家から。
日本食を用意して有るとか部屋が有るとか。
翻訳ソフトを駆使して言わんとするを解せば。
なんと!ベルリンまで来れば生活の面倒は見る!
家族を連れて今すぐにでも キナサイ!
何とも驚いた内容だった。
慌てて”ソレニハオヨバヌ”と返信したとある。
海外では既に原発のメルトダウンは周知の事。
知らぬは一般の日本人だけとそれで知った訳だ。
しかし、貴方は何としてもベルリンまで・・・
ソウイウ事が起こっていたんだねぇ。

テレビの景色2018年04月13日 08時10分33秒

朝は8時から事務所にいる。テレビはNHK総合が一日中流れている。
ブログを書くのはその時間、最近始まった朝ドラの景色に見覚えが。
何処かで見た事が有るような景色だなぁ。
モノスゴク細工されているのだがコウイウのは解るものだなあ。
気がつけばテロップに中津川とか恵那と出ていた。
別の番組で撮影地が岩村や明智と知った。
ああそうか、数年前に出掛けた場所だ。
小さな街だったので暫くは観光客で大変だろうなぁ。
朝から散策し昼食を食べお茶して丁度良いサイズだったと言う記憶。
当日は新酒の会かだったか酒屋が仕込み倉を開放していて見学した。
表から奥までトロッコの線路が中々のカーブを描いて敷いてあった。
このクールが終わるまではブームってヤツで混雑すると思うけど。
出かけて行って一日散策しても良い街ですよ。

五反田に出掛ける2016年04月13日 08時46分41秒

会社員時代は通信設備工事会社の会社員をしていた。
工事屋のつもりでいたのだが、突然の辞令で本社総務部勤務となる?
社長の息子が大手の会社から転職し新規事業を始めるって話。
息子は当時流行のパソコンで遊んでいた。
そのウチに会社の経理事務を処理するソフトを作り始めた。
その頃も声を掛けられたが断り、ソレ向きの社員を紹介した。
僕はソウイウのには向かないと、それからも数度も断ったという事情。
ある日、社長室に呼ばれて辞令を渡されたワケだ。
この時はイキナリの社長命令では黙って受けるしか無い。
最初は彼の友人の会社の事務処理用ソフトを納めた。
初めてのパッケージソフトと言う事で寺院管理の商品化を企画。
ハナからプログラムなど向かないので営業という事だった。
社長の知り合いかなあ会社からの命令で挨拶に行き、その後にも何度も通ったお寺に昨日出掛けてきた?
元より当時の住職は既に亡くなっている。
実は汽車を通して友人になった方の同級生が嫁いでいる事が判明。
あの頃は年中行って庫裏でお茶やお菓子をご馳走になっていた。
会社員を辞めて総合商社を立ち上げた時に挨拶に行ったのが最後かな。
実はこのお寺は40年来の付き合いの友人が檀家と言う縁もある。
縁というモノは不思議なモノだ・・・
出掛けてみれば庫裏を新築中。
住職の案内で先代のお墓に参る。
しばし思い出を話し、奥様もお帰りになり紹介される。
きっかけになった彼らの友人も登場し思いの他の長居となる?

燃えちゃったフェリー2015年08月07日 06時56分51秒


燃えちゃったフェリーのその後、どうなったのかなあ?
航海士が発見された以後はあまりメディアに取り上げられていない。
確かあの時点でまだ鎮火していないってニュースだったと思う。
苫小牧か室蘭に曳航するって言う報道以後は全く聞かなくなった。

火災直後にアレって去年の秋に渡道した時の帰りの船じゃ無いって!
確か食堂が無くて自販機がズラ~って並んでいた船。
行きの船の食堂が酷くて帰りは食料を大量に持ち込み。
殆ど寝台から出なかったので余り印象が無いのだが。

そう言うワケでこのブログを読み返してみたら・・・
行きに船内で乗組員が大けがをしたって記載がある。
思い出したけど、寝台で寝ていたら船体が急に小刻みに震えだして・・
何だろうかって思ったら、到着時間の変更をアナウス。
ソウイウ事で速力を上げて苫小牧に向かうって事だった。
甲板に出てみたら白波を蹴立てて航跡も鮮やかに進んでいた。
フェリーだって本気出せばこんなに速く走るんだって書いてある?
詳しくはワカラナイしニュースにもならなかったからワカラナイが?
フェリーの航海中に乗組員が事故でって不思議だなあと思った。

そう言うワケで思い出したので。
まさかまだ燃えている訳は無いと思うが?
燃えちゃったフェリーの写真です。

気になったのでその後を調べたら、まだ燃えていた。
6日の夜から二酸化炭素の注入って事だ!
運転手さんや自家用車のオーナーは大変だなあ。





中山道歴史資料館2015年02月19日 08時01分33秒

あわただしく別れてコメダでお茶をする。
娘の婚家に行ってもする事も無し、資料館的なモノを探し。
中津川市中山道歴史資料館を訪ねる。
駐車場に車を置いてご自由にと書いてある蔵を覗くが施錠してある。
復元の上段の間は開いていたが照明が消えている?
何だかなあと資料館に向かうとおじさんが出てきた。

元は電話局の営業窓口だろう、パンフレットだけで何も無い?
倉庫の入り口のようなドアに順路と書いてある。
見るのはココかと聞くとお金が要るという!そりゃ払うからさあ・・・
開館時間はとうに過ぎていた・・ 誰も来ないから・・で
僕らが覗いたのであわてて出てきたのかな?
パンフレットには照明の灯った上段の間の写真が・・・・

中に入れば・・水戸天狗党の資料が並び少し驚く!
 天狗党に関しては偶然だが下仁田や敦賀でも資料館を訪れた?
 双方共に見学などいない、と言うよりも資料館そのもが知られていない。
    入り口で見学ですかと驚かれるパターンの資料館だった。
    かなり昔の訪問なので今でも有るのだろうかと思うが?
コウイウのは縁なのだろうと思うと水戸訪問も考えるかなあ。

その他の展示で桂小五郎の資料が並んでいた?
マイッタなあ、これも第二次長州征伐・四境戦争の旧跡を巡ったが。
この人の事は出石に寄ったのと伊藤さんの家で少し知ったくらいだ。
こちらの訪問は作州鶴田藩を訪ねてオシマイにしたのだが・・・
中津川の資料館で時間を潰し、旧道沿いの家並みを歩く。
今朝方岩村を回ったのでコンナ物かと言う雰囲気だねえ・・
川上屋の本店で干し柿で栗を包んだお菓子を菓子を購入。
連絡が来て孫を迎えに行く。
婿さんの実家では名残惜しいだろうが帰りを急かされる。
東京口が一番混む時間に向けて中央高速を疾走する。
晩飯の時間が合わず八王子まで走りきり一考の末にうかい停に迂回?
久々に寄ったが季節の料理はイマイチだったなあ? 



上関へ2014年09月08日 07時53分56秒

従姉妹の家でゆっくりの朝、広島の汽車友に連絡!
今日は山口入り、夕方まで着けば良い。
友人宅近所で待ち合わせ市内を抜けて2号線を西下する。

周防大島が近づくココは海が綺麗だが天気が悪いと通過。
問わず語りに松陰の上関砲台訪問記の話し、興味を持ったようだ。

上関左の看板に反応し左折する。
久々の上関訪問となる、始めて茶屋跡まで行って見る。
水道を渡り室津へ四階楼へ行くと今日は空いている。
数度の訪問は何時も休館日、始めて中を見学する。
ナルホドこりゃあ凝った建物だなあ。
第二騎兵隊で維新史に登場する小方謙九郎と言う方が建てたらしい。
明治初期の建物で和洋の混ざったモノに多い螺旋階段が面白い。
色々な工夫が斬新すぎで作った大工は大変だったろう。

窓の開閉金具が苦労を騙る、話しだけでコウイウモノを!
おそらくは村の野鍛冶の作と思うが良い形だなあ。

室積に案内し海商通りに行く頃には雨脚も強く。
暇そうな資料館の方々が案内をしてくれ思わず長居になる。
夕刻になり山口着、温泉に浸かる。
帰った所へ友人チームが到着。 

今日は山口号に乗った?
えっ! 知らなかったと言うか忘れていた。 走っていたのか。
完全に失念、空いていたのでは無くて撮影予定だから・・・
紅花舎からも昨日はどうしたの? そおか泊まるはずだったのか。
参ったなあ、途中の葬儀ですっかり失念!
そう言うワケで絶好の雨中の爆煙を逃す。



津堂城山古墳2013年09月03日 07時33分09秒

たこ焼き屋で思わず寛いでしまった?
道を戻り交差点で右方向を見れば空き地が見える!
なあんだ、さっき信号の変わり目で急がなければ気がついたなあ。
大阪の住宅街の中にイキナリの広場がある。
草原の木陰で今風の若者達が持参の椅子で寛いでいる。
全景を撮影し草原を抜けて古墳に登る。
城跡と認識されて天皇陵の指定から逃れたと言う記述が多いが?
・・・・何処から見たって古墳だよ!
三好氏の砦だったという言うが、そう言う事が有ったとしても良く残ったなあと思う。
小山善光寺に伝わる善光寺縁起にしろこの場所には何かがあったんだろうなあ。
古墳全体を歩き回り破られた金網に感心し、
神社側に降りる。
資料館でトイレを借りて展示物を眺める。
露天に置かれた玄室の蓋、ナルホドと感心し残り半周、府道側を歩く。
子供達にとってこの場所はのび太君達の裏山なんだろう!
こう言う環境は残しておきたいだろうなあ。
公園としても史跡としても殆ど何もなされていない・・ココが良い。
世界遺産が絡むとコウイウ形での保存は難しいと思う。
古い道と思しき路地を歩きながら藤井寺駅を目指す。