丸瀬布最終日2017年11月15日 08時19分51秒

人というのはオカシナ物で時計など無くてもチャント起きるなあ。
ホボ同時刻に皆がゴソゴソ始める。
例の木こり隊は気合い十分、今回は未踏の俯瞰とか言っている。
下から見えたから大丈夫、歩く距離は無い・が少し登る。
騙されないぞうと抵抗する。
凸凹の凸が何故か朝イチに帰るらしい、見送りを理由に逃げる。
おじさん達は蜘蛛の子を散らしたように出かけて行った。
残った凸凹とバス停まで降りる。
本日も雪晴れまでは行かず、いこいの森を楽しむ。
昨日よりもテント滞在時間が長い、今日も特製弁当の昼食とする。
午後数周の後で今回のメインイベント、モニターツアーのお迎え。
雨宮と井笠を使用し停めずに2周と言う企画。
ならばDLで岩崎客車と運材車をコチラも団体列車で追いかけよう。
皆が急いで切符を購入し編成を牽きだし、急ぎ乗り込む。
双方が団体貸し切り扱いの二周運転と言う大騒ぎ。
走る前から窓は全開、ホボ満席カメラ親父が右に左に。
モニターツアーの撤収に合わせて全員で停車中の井笠に乗車。
道路側の窓を開けて皆で手を振ってお別れと言う算段。
道路側で撮影しようとしていた人達も協力してもらい。
公園全体でマタキテネと手を振った。
打ち合わせ通りバスもユックリと通過し手を振り合う。
残念、両手を振ったので写真は無いが想像してください。
打ち合わせなど殆どしていないのに皆がサット動く。
コウイウ所がココに集まる人達は気持ちが良いなあ。
見送った後は雨宮の蒸気抜き。
徐々に圧も下がって今年の丸瀬布いこいの森は終了となる。
挨拶し凹タクシーに乗車し旭川駅前のホテルと告げる。
運転手は何時ものように一人でも話し続けるが途中は少し寝た。
ホテル前で慌てて降りて車内に一脚を忘れる。
チェックインし一眠り、晩飯を食いに街に出るが。
少し遅すぎ、お気に入りのラーメン屋は既に閉まっていた。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック