鬼怒川の宿2019年11月12日 08時39分41秒

今回の宿は企画担当がセットした。
頑張って選んだと言っていたが場所は鬼怒川。
二昔前の大観光地なのだから想像してね!
建物は相応で昔にお金を掛けて作ったのが良く解る。
フロントや接客は皆さんが凄いベテラン風。
着物のおばあさんが彷徨いているが女将だろう。
部屋は広いが日没後、大きな窓からは何も見えない。
鬼怒川の温泉はサラッとしている。
到着時間の関係か広い風呂に人が居ない、貸し切り?
二人でユックリと入り出てみれば女湯も同じらしい。
食事場所は数組の客、泊まり客は結構居たんだねぇ。
料理は今風の旅館飯が既にテーブルに並んでいる。
旅館の雰囲気に合わず食事の世話係が安宿風。
料理を片付けずに次々と運んでくるので一杯になる。
見かねて片付けてから出しなさいと言うも聞かない。
そのうちに置けなくなり、強めに片付けろと言う。
係は旅館の雰囲気に合わない、派遣なのかなぁ。
年寄りの方はそれなりにキチンとしているのになぁ。
若手チームは旅館の行儀を習ったとは思えない?
朝食も同じ様に感じたが、これが限界なのだなぁ
OUT時も女将が彷徨いていたが何故か寄ってこない。
寄ってこないのだからコチラから言う事でも無し。
今時の昔の観光地で生き残るのは難しいと思う。
食事係がファミレス以下なのは知らないのだろう。
明るくなれば川沿いで景色も良いのに対岸は廃屋。
隣も廃屋状態、ココも何時まで頑張れるのかなぁ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック